外出自粛の子供との過ごし方8選★増える家時間を親子で楽しむ方法も

ゴールデンウィークが近づいてきましたが、外出自粛であるのは今までの状況と全く変わることはありません。

しかし子供を想うと「太陽をしっかり浴びて欲しい」「体を動かして欲しい」そう願うのは、私だけではなく母親であれば皆思うことではないでしょうか。

住んでいる場所や環境によっては、公園や散歩ですら出かけづらいと思っているお母さんもいるかもしれませんね。

今回は外出自粛中ならではの、親子で楽しく過ごせる方法をご紹介します。

増える家時間をお子さんと過ごすたのめに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

①体幹を鍛える【トランポリン】

トランポリン

トランポリンについては別記事でも書かせていただいています▼▼▼

関連記事

コロナウイルスの影響で家で過ごす時間が多くなりましたが、お子さんとどんな時間を過ごしていますか? 私は子どもに、「太陽をしっかりと浴びて欲しい」「朝起きて寝るまで、しっかりと遊んでほしい」という想いがあります。 身体をしっかり動[…]

おもちゃ

 

かほ
かほ
トランポリンの効果ってご存知ですか?

現在のように外出自粛のときは、身体を動かしたくても外に気軽に出られないという状況の中、以下の効果が期待できるのです。

  • 運動が楽しくできる
  • 体幹を鍛えられる
  • 姿勢が良くなる
  • 体の使い方を覚える
  • 免疫力がアップする

何よりも【運動が楽しくできる】ことに尽きるのではないでしょうか。
楽しくなければ続けることが嫌になり、体幹も鍛えられないですし免疫力もアップしません。

私はトランポリンをリビングに置きました。
子供たちは朝起きたら飛んで、テレビ見ながら飛んで、遊びの途中にも飛んで…と、とにかく気軽に毎日何度も飛び続けます。

この気軽さが【運動が楽しくできる】に繋がり、体幹を鍛えられたり、免疫力もアップしていくのですね。

むぎのお母さんむぎのお母さん
トランポリンを部屋の中に置いて、危なくないの?
かほ
かほ
家庭用のトランポリンは部屋の隅に置いても、十分安全に飛ぶことができますよ。
ただし、1人ずつ使うことを守ってくださいね。

家庭用のトランポリンのサイズは小さく、部屋の隅に置いても十分安全に飛べますが、真ん中で飛ばないと周りに被せてあるカバーに足が引っかかって転げ落ちる危険性があるので、1人ずつ飛ぶようにしましょう。

▼我が家が使っているトランポリンはこちら

▼カバーが破れてしまったら交換用もあります

現在はコロナウイルスの影響で出荷に遅延が生じているようです…。
いますぐに欲しいという方のために、他のトランポリンもご紹介します。

▼ウルトラマントランポリン

▼アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ

▼シンプルなトランポリンが欲しい方向け

 

 

 

 

②バランス感覚が身につく【バランスボール】

バランスボール

バランスボールを私が買った理由は、私自身「姿勢が悪く」腰痛を引き起こしていたからなんですね。

腰痛を持っていた上、動物看護士として勤務していた頃に大型犬を抱っこしたことにより、さらに腰痛が悪化し坐骨神経痛になり、しまいには歩けなくなり3か月間療養生活をしていました。

その時に買ったのが、このバランスボールでした。

むぎのお母さんむぎのお母さん
それは大変!
姿勢が悪い子どもは今のうちに鍛えておいたほうがいいね。
かほ
かほ
そうですね!
バランスボールの効果を実際に見ていきましょう。
  • 体幹を鍛えられる
  • インナーマッスルを鍛える
  • ゆがみ解消
  • 腰痛軽減
  • バランス感覚が身につく

バランスボールのいいところは、ただ座っているだけで体のゆがみが解消する効果が期待できるところではないでしょうか。

バランスボールに座るのは一見簡単そうに見えますが、身体のどちらかに力が加わっているとバランスボールの上に座っていられず、転んでしまいます。
すると人間は転ばないように、身体を前後左右のバランス調整をし始めますよね。

平衡感覚を身に付けながらゆがみ解消、姿勢の矯正に繋がっていくので、腰が痛くて運動ができない私にはピッタリでした。

それからは当時のような腰痛に悩むことはグンと減りましたよ。

 

むぎのお母さんむぎのお母さん
バランスボールやらせたいけど、子供に大きなバランスボールを使わせると危険だよね。
かほ
かほ
そうなんです。
子供にピッタリなサイズを使ってくださいね。

私が子供に付きっきりでバランスボールに座らせていたのですが、目を離したすきに息子がバランスボールの上にうつ伏せで乗ってゴロゴロ遊んでいたんですね。
すると…そのまま前に転がってボールから転げ落ちてしまったのです。

子供にぴったりなサイズを購入することを強くおすすめします。

 

我が家はロディに乗り、ピョンピョン跳ねて体幹を鍛えています。
ロディは出産祝いでいただいたのですが、5歳の娘もピョンピョン跳ねて遊んでいるので、結構長い期間使えます!

▼小さいお子さんのバランス感覚を鍛えよう

▼アンパンマンに乗って腹筋や背筋を鍛えて姿勢を良くしよう

▼3歳以上対象バランスボール

 

 

 

 

③集中力と忍耐力が高まる【砂遊び】

砂場

砂遊びについては別記事でも書かせていただいています▼▼▼

関連記事

コロナウイルスの影響で家で過ごす時間が多くなりましたが、お子さんとどんな時間を過ごしていますか? 私は子どもに、「太陽をしっかりと浴びて欲しい」「朝起きて寝るまで、しっかりと遊んでほしい」という想いがあります。 身体をしっかり動[…]

おもちゃ

 

かほ
かほ
砂遊びの効果ってどんなものがあると思いますか?

砂遊びと聞くと、大きな山を作ってトンネルを作ったり、泥団子を作ったりする様子が浮かぶお母さんが多いのではないでしょうか。

そんなただ単に遊んでいるようにしか見えない「砂遊び」にも期待できる効果があるのです。

  • 手先が器用になる
  • 体のバランス感覚が養える
  • 創造力が高まる
  • コミュニケーション能力が育つ
  • 集中力と忍耐力が高まる

泥団子はただ丸めればいいのではなく、いかにきれいなまん丸な団子を作れるかというところに、娘が通う園は力を入れています。
お友達がとってもきれいな泥団子を作ると、「ボクもまん丸な泥団子を作りたい」という意欲が湧き、きれいでまん丸な泥団子を作り続けるという集中力や忍耐力が自然と高まるんですね。

大きな山を作ってトンネルを作るという砂遊びですが、大きな山を作るには砂をバケツに入れて運ぶ作業がありますよね。
砂が入った重いバケツを持ちながら不安定な砂の上を歩くことで、身体のバランス感覚も養っているのです。

むぎのお母さんむぎのお母さん
家に砂場がないと難しいね…。
かほ
かほ
家の中でできる砂遊びセットがあるので、大きな山を作ることはできなくても、団子を作ったりはできますよ。

 

現在は砂場のある公園にも行くことが難しいという地域もあるかと思うので、ベランダや家の中でできる砂遊びセットを使って、団子づくりをしたり、兄弟間で物の貸し借りをしながらコミュニケーション能力を育てていくといいですね。
部屋の中で砂遊びをする場合は、シートを敷いたりビニールプールの中でやると、砂だらけにならず少しは安心できるかもしれませんw

▼動く砂・魔法の砂 「キネティックサンド」

▼キネティックサンドテーブルもあります

 

 

 

 

④脳を刺激する【ジャングルジム】

ジャングルジム

ジャングルジムというと、公園や幼稚園、小学校などにある大きな遊具を思い浮かべるかもしれませんが、今回は室内で遊ぶことのできるジャングルジムです。

我が家がジャングルジムを買った理由は、雨の日は外で遊ぶことができないため、そしてインフルエンザなどが流行る冬は人が集まる子育て支援センターに行くことを避けていたためです。

リビングにはトランポリンが置いてあるので、ジャングルジムは和室に移動させていますが、娘が1歳から3歳ごろまではリビングに置き、いつでも遊べるようにしていました。

 

むぎのお母さんむぎのお母さん
ジャングルジムはどんな効果が期待できるの?

 

  • 筋力アップ
  • バランス感覚が身につく
  • 判断力や創造力が高まる
  • 脳の発達

家庭用ジャングルジムは、外にある大きな遊具と違って小さいですが、小さな体の子供にとっては十分体を動かして遊ぶことができます。

我が家のジャングルジムは、一見ジャングルジムには見えないかもしれないですが、足を引っかける部分がたくさんあり、子供はひょいひょいよじ登っていきます。

自分の体をコントロールしながら、「ここに足をかけて、次はこっちに手を移動させて…」と考えながら登る必要があるため、判断力や創造力が高まり、脳にとても良い刺激を与えてくれます。

むぎのお母さんむぎのお母さん
ジャングルジムって家の中に置くのには結構大きいよね…。

 

かほ
かほ
家の中のどこにジャングルジムを置くのか決めてから、買うジャングルジムのサイズを決めましょう。

ジャングルジムと言ってもサイズは様々ですので、各家庭の部屋のスペースに合わせたサイズを選ぶようにすると良いですね。

部屋ギチギチよりも、子供がジャングルジムの周りを歩くことができるスペースも確保しておくと良いでしょう。

我が家が使っている【STEP2 カンガルークライマー】のアドベンチャージムはすでに販売していないようですが、同じのが欲しいのであればメルカリなどを覗いてみてください。

その他におすすめできるジャングルジムをいくつかご紹介させていただきます。

 

▼1歳半から使える滑り台付きのツリーハウス

▼1台で4役★部屋に馴染むカラーで大人気!

▼現役ママが考えた木製ジャングルジム

 

 

 

 

 

⑤握力を鍛える【鉄棒】

鉄棒

娘の幼稚園では年長になると運動会に向けて【逆上がり】の練習が始まります。

我が家が今、一番欲しいものは「鉄棒」なんですw

簡易的なものを買ってみようかなと考えているのですが、一緒に住んでいる義父が「鉄棒を作ってやるからな!」と娘に話しているので、様子を見ている状態ですね…w

 

むぎのお母さんむぎのお母さん
逆上がりできると嬉しいよね!
鉄棒は握力が鍛えられそうだけど、他に期待できる効果はあるの?
かほ
かほ
そうですね!
鉄棒をぶら下がるだけで握力が鍛えられますし、まっすぐにぶら下がるのを保つだけで背筋が鍛えられ姿勢を良くする効果もあります
  • 握力が鍛えられる
  • 背筋を鍛え姿勢が良くなる

前回りや逆上がりをすることで、全身の筋肉を鍛えるだけでなく、鉄棒にぶら下がるだけで、体力アップに繋がる効果が期待できます。

かほ
かほ
「ぶら下がり健康器」が流行ったの覚えていますか?
むぎのお母さんむぎのお母さん
流行ってたねー!
そうか、鉄棒でぶら下がるのと一緒だね。

 

実は握力ってものすごく大切で、握力が5㎏低下するだけで、死亡リスクが上昇したり、脳卒中や心臓発作のリスクが上昇したりするのです。

握力の弱い人は強い人に比べて死亡率が高いことがわかっていましたが、この研究では、握力が落ちると心血管疾患になりやすいことが証明されました。

つまり、握力を維持することは、心血管疾患のリスクを避けるうえで、重要であるとはっきりしたのです。

引用:循環器内科医師・特選街WEB

 

握力が病気や寿命などの健康状態と関係しているという興味深い研究が複数あり、注目されています。

握力の強さによって4段階に分けたグループのうち、握力の最も強いグループは最も低いグループよりも死亡リスクが約4割も低いという結果が得られています。

引用:毎日新聞・医療プレミア

【握力が病気や寿命の健康状態に関係している】と聞くと、子供のうちからしっかりと握力を鍛えておきたいと思いませんか?

鉄棒の他にも、「グーパーグーパ」と手を軽く握ってパッと開くという体操も効果的なので、ぜひ家族でやってみてください。

「鉄棒は逆上がりができるようになりたい!」という目的を果たすために、練習してきたお母さん、そして子供たちも多いと思いますが、こんな身近にある遊具で握力を鍛え健康を維持しているのですね。

鉄棒を作るにしても買うにしても、私も娘と共に握力アップのために運動をしていきたいと思います。

 

▼調整可能で使わないときは畳んでおける鉄棒

▼1台3役★鉄棒・ブランコ・吊り輪

 

 

 

 

⑥全身を鍛える【縄跳び】

なわとび

縄跳びをしたことがないお母さんはいないのではないかと思うほど、定番の遊びですよね。

そんな身近にある縄跳びは、1日あたり10分間だけでも毎日続けていくことで、毎日30分ジョギングを行った人と同じ効果が得られると言われています。

  • 全身を鍛えることができる
  • 体幹を鍛える
  • 脂肪燃焼
  • 持久力強化

健康を維持するためにジョギングをしている人も多いとは思うのですが、コロナ感染リスクを避けるためにも、縄跳びに切り替えるほうが安心です。

縄跳びは上下に飛ぶだけなので、ほんのすこしのスペースがあれば行うことができ、しかもジョギングをするよりも負担が少なく、効率よく筋トレができます。

 

むぎのお母さんむぎのお母さん
縄跳びが効率よく筋トレできるのはわかったけど、アパートやマンションに住んでいたら、縄跳びをやるのは難しくないかな?
かほ
かほ
確かにそうですね。
それなら「エア縄跳び」はいかがでしょうか。
  • 縄を使わずにできる有酸素運動
  • 通常の縄のある縄跳びと同じ効果が期待できる

 

縄がない分、家の隅っこの省スペースでも行うことができるので、アパートやマンションに住んでいて縄跳びをやるスペースがない場合にいいですね。

ただ、アパートやマンションの場合は、飛ぶことで階下の人に迷惑をかけることもあるため、振動吸収マットを敷くなりして対策を取るようにしましょう。

 

その他のデメリットとして、エア縄跳びは飛んでいる感覚がないため、ジャンプが安定してきて縄跳びを連続して飛ぶことができるようになってから使用するといいです。

ただ、回して飛んでいるだけでは効果は得られないので、正しく使えるようになってから使用するようにしてくださいね。

 

▼娘が幼稚園で使っている、切れにくいロープ縄跳び

▼エア縄跳び

 

 

 

 

⑦ベランダでもOKな【キャンプ】

テント

テント:【サバティカル・モーニンググローリーTC】

 

私は土地のある田舎に住んでいるので、家の裏にテントを張って、プチキャンプを楽しんでいますが、アパートやマンションに住んでいるのであれば、ベランダにポップアップテントを張ってプチキャンプを楽しんでもいいですね。

キャンプ場もコロナウイルス感染予防のため、閉鎖するところが増えてきて、気軽にキャンプが出来なくなってしまっています。

 

むぎのお母さんむぎのお母さん
家でテントを張ってまでして、キャンプをする意味ってあるの?
かほ
かほ
私がもっとも大切にしているのは、異空間を作ることです。

普段暮らしている家の中とは違う「テント」という空間を作ることで、子供がワクワクしたり、やってみようとする気持ちが起こりやすくなるからです。

普段の息子は、野菜嫌いでなかなか野菜を食べないのですが、テントに入ると人が変わったように野菜をモリモリ食べ、「ママ食べさせて~」と言わずに自分でパクパク食べていくのです。

 

テントを買わなくても、ベランダでお弁当を食べるだけでも、いつもとは違う異空間は実現するので、ぜひ取り入れて欲しいです。

そして、自由に出かけられるようになったら、ぜひキャンプ場でキャンプしてみてくださいね!

  • 家族旅行でキャンプ場に行っても、旅費が安く済む
  • アウトドアスキルが身につく
  • 五感を刺激する
私が考えているのは、キャンプをしながらその土地の観光名所を回ることです!
観光名所を回って、帰るのはホテルではなくキャンプ場のテントに戻ることで、ホテル代を支払う必要がなくなるんですねw
なんで、そんなことを考えているのかと言うと、やはり災害が起きた時でもパニックにならない精神を作るためです。
今回、新型コロナウイルスが拡大しましたが、このように今まで起きなかったことがこの先も起こり得るのです。
普段からキャンプをしてアウトドアスキルを身に付けている子どもは、電気が止まっても水が出なくても、ガスが止まってしまったとしても、身に付けたスキルを使って生き抜くことができます。
そして、ふかふかなお布団で寝れなくても、キャンプの寝袋に慣れていれば、しっかり睡眠もとれますしね。
地震の多い国、日本だからこそキャンプをしてアウトドアスキルを身に付けていきましょう!
その第一歩として、ベランダでキャンプをしてもいいですね。
▼ベランダでもOK!ポップアップテント
何泊かするときはColemanのテントを使いますが、家の裏でプチキャンプをするときはサバティカル・モーニンググローリーTCが最適です。
テントを張るのも片付けるのも短時間でできてしまうことから愛用しています。
そして、キャンプにも停電時にも、そして災害用にも使える、カセットガスのホットプレート【焼き上手さんα(アルファ)】はプレートも使えるし、ごとく付きでカセットコンロにもなります。
▼普段から使える【焼き上手さんα(アルファ)】
焼き上手αでお好み焼き
厚みのある食材も早く火が通るし、プレートの汚れがサッと落ちるのでめっちゃ便利で、上記の写真のようにテントの中でお好み焼きを焼いて食べていますよー!

 

 

 

 

⑧全身の触感を刺激できる【ボールプール】

ボールプール

ボールプールは子育て支援センターや、児童館などで遊んだことがあるお子さんも多いでしょう。

むぎむぎ
私もボールプールで遊んだことある!
カラフルなボールがたくさんあって楽しいもんね。
かほ
かほ
そうですね!
カラフルなボールがたくさんあるボールプールは、触感や刺激、運動能力の向上にも繋がるんですよ!
  • 全身の触感を刺激する
  • 運動能力を学ぶ

ボールは「掴む・投げる・取る・かき集める」ほかに、数万個あるボールの中に飛び込んでみたり、潜ったり泳いだりできます。

ボールプールの良いところは、赤ちゃんから大人まで、同じ空間で一緒に遊ぶことができるところではないでしょうか。

私はビニールプールとボールセットをもらったのをきっかけに、娘がゼロ歳のときにボールプールを家に置き始めました。

ボールプール

 

上の画像のビニールプールは穴が開いてしまい、残念ながら使えなくなってしまいましたが、現在は柔らかい素材の収納できるものを使っていてます。

大きくなった5歳の娘は、いまだにダイブしたり、潜ったりしていますよw

 

▼我が家で使っているものとは違いますが、とても似ています

▼INTEXのボールをいただいたので、入れて使っています。

 

ボールプールはもちろん家のよりも、子育て支援センターや児童館のほうが、大きくて遊び甲斐はあるかもしれません。

しかし、子育て支援センターに行くと必ずと言っていいほど、子供が風邪をもらってきていました。

不特定多数の子供たちがたくさんボールプールに入って遊ぶなか、小さな子供はボールを口に持っていきやすく、ウイルスに感染するリスクがあるんですね…。

子育て支援センターでも途中からボールプールを除菌してから片づけるようになったことから、恐らくウイルスをもらって帰る子どもが多かったのではないでしょうか。

現在はなかなか不特定多数人が集まる施設で遊ぶこともできなくなっています。

 

ボールプールでは赤ちゃんも全身の触感を刺激できることから、お母さんと共に安心してお家で遊んでほしいです。

私も子供二人とボールプールに入って、思いっきり遊びますよw

 

▼やわらか素材で安心・ラウンド型ボールプール

▼秘密基地ができるボールハウス

 

 

 

 

まとめ

今回は親子で一緒に楽しめる方法を8選ご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

外出自粛と言っても、やはり人間は適度な運動が必要になります。

家の中でできる運動や遊びを上手に取り入れて、親子で有意義な時間をお過ごしください。

子供は一人で遊ぶよりも、お父さんお母さんが一緒に遊ぶことで、満足度が増すようです。

ぜひ、お子さんと一緒に遊んでくださいね♪